釣りセンターうらど
高知釣り情報 釣り情報 舟釣り入門 ハイカラ釣り ニロギ釣り 太公望のご紹介 釣り場案内 魚の料理 浦戸湾の怖いお話 海難防止 釣りの本棚 釣り舟の心得 you tube facebook Twitter
高い釣り文化を持つ浦戸湾
 浦戸湾には七河川が流れ込み、植物性プランクトン豊かな湾内には島々が点在し美しい景観を作り出すと共に変化に富んだ海底は魚の産卵、生育に適し優れた漁場を形成し、全国でも類の無い自然環境を持ち、魚影の濃さや美しい自然を多く残している。穏やかな海水面を持ち、高い釣り文化を持つ浦戸湾の舟釣りをご紹介すると共に浦戸湾のハイカラ釣りやニロギ釣り、投網の回し打ち等、土佐の風情が高知家の憩いの場とし又観光にも役立つことを願い、四季折々の釣りをご紹介致します。
釣り情報 浦戸湾の釣果 浦戸湾の釣果 浦戸湾の釣果
 寒波が南国土佐にも勢力を伸ばすと、次第に水温は下がり海水はプランクトンの減少により透明度を増して来る、キビレやエバ等の魚は今迄警戒心も少なく争って餌を捕食していたが之から冬の間は警戒心も強く、アタリは次第に小さく成る、物陰を狙うか深い場所を狙うも面白い、良い釣果を上げるのにはハイカラの釣技が大きな比重を占めて玄人好みの季節迎えた。
釣果情報 釣果情報   釣果情報 釣果情報 
 you tube 1月7日
岡林義男様

水温の下がった為キビレは警戒心は強く成った、ハリスを一段細めるとアタリは明確に出合わせのタイミングが掴みやすい、竿は軽く弱くして小さい当たりに対応したい。
 you tube 1月28日
松本洋一様

 海水温の低下?アタリは有るものの食い込み悪い、中には強い引き込みで掛け合わせると底を切るが針外れも有り上がってこない、真鯛の子も未だ上がるので水温は有るのだが?
 you tube 2月2日
大家浩資様

 北山は昨夜の残雪で白い、立春が近づくと春を窺わせ気温は12度、水温は低い成りに落ち着き魚の動きは活発に思える、一投目から鱸、キビレ、キビレと三連続に上がって来る。
you tube 2月18日
尾上秀人様

  悪天候続き久しぶりの出漁、場所の状態、裸路、ナカミト、桟島跡を見る、各ポイント共キビレ上がる、桟島跡の魚体は三歳、今からと仕掛け投入、静かな水面に突然強いマゼ、波頭が白く砕けだ。
舟釣り入門   海難防止
 釣りの上手な人は魚を多く釣る人では無く、釣りを楽しめる人が本当の釣りの達人、自然や環境を大切にし他人に迷惑を掛けぬ様に気を配り、船舶安全法を守る事も大切です。釣りは自分一人で楽しむのではなく、釣り上げた新鮮な魚をいち早く家庭に持ち帰り其の日の夕食に家族全員で美味しく頂くことで家族全員の楽しい釣りに成ります。
ハイカラ釣り
 大正の初めに紀州の漁師から伝わり、浦戸湾に適する様に改良されたハイカラ釣りは、エバ釣りには抜群の釣果を発揮しますが、キビレ釣りに等も良い釣果が得られます。軽便な櫓舟、短く軽い土佐のギリ竿、針と錘が一体化されたハイカラ針、舟、竿、ハイカラ釣りが三位一体の絶妙な釣り味を生み出す。
ニロギ釣り
 釣り上げると伸出する口でグッググッと愛嬌のある声で鳴き、シーズンになると浦戸湾内一帯に群れで回遊し、家族連れや仲間同士で賑やかに釣っても良く釣れ、食べて味の良いニロギは焼き魚で三杯酢に付け頂きます、又ニロギ汁、酢物、寿司として好まれ、高知市民に親しまれ人気のある釣の一つです。
釣り場案内
 全国でも類のない遊漁の環境に恵まれた浦戸湾、自然に恵まれた事により高い釣り文化を持つ高知の釣り、先人たちが時代を重ね探索し作り守ってきた浦戸湾に伝わる数々の釣り場をご紹介します、浦戸湾に親しみ県民憩いの場とし又、観光にも役立てる為に自然豊かな浦戸湾を大切にしなければなりません。
釣り舟の心得 海難防止
 釣専用に作られた舟で櫓の艘力で釣りを行う1~3人乗りの小型船です、この船は軽く小回りの利くように作られており釣り以外の使用は危険です。出航から帰港迄、船舶安全法を守り、船体や機関の異常又乗員にも気を配り安全で楽しい釣りをする事全てに船長に権限と責任も有ります。
魚の料理 刺身 焼き魚 煮魚 魚の揚げ物 ニロギの料理 刺し身のす皿鉢料理
 釣った魚を持ち帰り家族全員で喜び食べてくれる程嬉しい事は無いのだが、売っている活きの悪い魚でも食べるのに、釣ってきた魚は、生臭いとか気味が悪いと嫌う主婦が多い、釣った魚程活きの良いご馳走はないのだがそれを嫌う、その一つの理由には魚の正しい料理法が知られていないと思われる。
浦戸湾の怖いお話 灘の海坊主 土佐ノシバテン 純真とお馬 深浦神社の女 袂石の鬼 孕みのジャン
 遠流の国であった土佐は「土佐の国は人の顔や風俗もちがっているばかりか、馬なども犬のように小さく、鬼国である土佐は、人のかわりに鬼が棲む」と言われ、古くから言い伝えられている妖怪は、ふるすま、シバテン、山爺、牛鬼、けち火、やまちち等居る。浦戸湾に伝わる実話や怪談話をご紹介します。
太公望のご紹介 魚の料理 浦戸湾の怖いお話 釣りの本棚 リンク集
 釣り人自身、左手は櫓で釣り舟を操り、右手は竿を持ち釣る釣りは浦戸湾特有の発達をし、釣り用具を始め、釣り方万判 進化をしている。ニロギを始めとし、鱚、スミヒキ、キチヌ、エバ、鯛子、鱸、鯔、ハゼ、蛸と春夏秋冬に合った魚を釣って楽しむ釣りは奥が深く高知の遊魚は高い釣り文化を持っている。
  中村正司様 釣果情報 大家浩資 高橋義明 石川 勇 様 森本良雄 釣果情報 山崎文夫 様 池田早雄
全国の潮位表(潮の干満は釣果を大きく左右します) 桂浜海岸(ライブカメラ) 四万十平野町(ライブカメラ) 東洋町生海海岸(ライブカメラ) 高知竜馬空港カメラ 土佐久礼漁港カメラ 足摺伊佐港カメラ
japan live camera 高知ライブカメラウエザーテック(詳しい天気予報が出ています) 国際気象海洋株式会社(台風等の情報) 防災情報センター 魚図鑑 海上保安部(全国の海上情報)
海上保安庁
高知家高知家
釣りセンターうらど
高知市種崎148-5
℡088-847-0662
携帯電話090-8692-0707

turiurad@poppy.ocn.ne.jp

turiurad1@gmail.com
高知の釣り
 ここで高知の釣というのは、浦戸湾とその湾口付近での舟釣を指す。高知の遊漁は、東は室戸岬から西は足摺岬と広く、高知の釣と言う場合、広く取るべきでしょうが、高知本来の釣とは、特色の多い浦戸湾の釣を思うからです。
釣を始めると、一度は釣り天狗となり。大きな魚の沢山釣れる場所を漁って、沖へ沖へと出て行く、天候の変化などにも気づかず釣って居る間に海に異変が起こり、危うく助かるにしても金毘羅様に願をかけ、一命だけはお助けくださいと祈願、生兵法は大怪我の元だ。
元高知市長 大野 勇 著 高知の釣文化 より抜粋
大野 勇(1941~1946)、17~18代高知市長、高知県民気質を持ち、浦戸湾の釣りを愛し戦前戦後を通し高知の発展に足跡を残した政治家、釣り本著書には浦戸湾の釣り、高知の釣り文化、等。 
高知釣り情報 釣り情報 舟釣り入門 ハイカラ釣り ニロギ釣り 太公望のご紹介 釣り場案内 魚の料理 浦戸湾の怖いお話 海難防止 釣りの本棚 釣り舟の心得 you tube facebook Twitter

釣りセンターうらど